ぐわんげ

アーケードゲーム

ぐわんげ

室町時代、東方の呪術師は山から聞こえてくる
狐とおぼしき声で日々の漁を占っていた。
「コーンコーン」と鳴けば大漁であると、
「ぐゎんげぐゎんげ」であれば不吉であると・・・。
奇妙な声が響くその山を人はいつしか
獄門山と呼び、その声の主を見たものは
主に喰われてしまうとされていたため、
声の主は獄門山の神とされ崇められていた。
人々はその神をぐわんげさまと呼ぶようになったという・・・。

物語 プレイ方法
キャラクター ボイス集
敵キャラ一覧 おまけ
異界録

(C)1999 著作・開発:(株)CAVE/(株)ATLUS
制作・管理:(株)CAVE

このホームページに掲載されている全ての画像・文章・その他一切の権利は (株)CAVEに帰属します。
画像または情報等の無断転載・使用はご遠慮下さい。