メッセージ

ココロ揺さぶる、エンタメ集団。

モノをつくること自体に、意味はありません。
人のココロに入り、揺さぶり、そこで価値が生まれる。

私たちは、トコトンまでイメージします。
何をすれば、よろこんでもらえるのか、
何をすれば、おどろいてもらえるのか。

答えはありません。でもその代わり、
価値はココロの中で無限に膨らますことができる。
だからこそ、きっと、私たちは
エンターテインメントに取り憑かれているんです。

ケイブが掲げる、5つのミッションステートメント

5つのミッションステートメント

高野社長からのメッセージ

株式会社ケイブ 代表取締役社長 高野 健一

アーケード、コンシューマー、オンライン、ソーシャルといったように、
私たちケイブはゲーム業界の変遷に合わせてソフトを生み出し続けています。
会社としてのフットワークも非常に軽く、最近で言えば、
ソーシャルゲームのマーケットが開放されたときにも真っ先に参入しました。
これは「エンターテインメントの本質を追求する」というスタンスがあるからこそ。
どんなプラットフォームであるかは表面的な要素であって、
言ってみればアウトプットはどこでもいいんです。
ゲーム以外であってもかまわない。事実、iモードが登場したときも、
いち早くコンテンツ制作に乗り出しました。
上場を果たしていながら、移り変わりの早いトレンドにこれだけ柔軟に
対応している企業は珍しいと思いますよ。

株式会社ケイブ 代表取締役社長

高野 健一